[Japanese / English]


エヴェレットの多世界解釈

最後の量子力学

波束の収縮(ポエム)

確率的な振舞の起源(エヴェレット解釈入門)

文科系のための量子力学的世界像(エヴェレット解釈からの帰結)

量子力学における解釈(定式化)

量子力学を正しく理解しよう

非局所性の起源(EPRとエヴェレット解釈)

シュレーディンガーの猫

似て非なるもの

エヴェレット解釈 vs. コペンハーゲン解釈

論文審査の現状

T.Sakaguchi, arXiv:quant-ph/9506042 (1995)
T.Sakaguchi, arXiv:quant-ph/9610045 (1996)
T.Sakaguchi, arXiv:gr-qc/9704039 (1997)   

多世界解釈とパラレルワールドの違い

多世界解釈は仮説か?

~ 原発の正体 ~

【原発を止めて、代替エネルギーは?】
必要ありません。 天然ガス・石炭の火力と自然エネルギーで電力は十分賄えます。 原発は事故や故障が多く不安定な電源なので、長期間止まっても大丈夫なように、原発を建てるときに同電力分の火力プラントも並行して増設しています。 実際、1年以上にわたり全原発が止まっても電力不足は起きていません。 そもそも、原発は電力不足を解消するために開発されたものではありません。 原子力はコスト的に発電には向きません ― 熱効率はコンバインドサイクルの半分(原発は昔からある外燃機関の一種です)、全量を海外からの輸入に頼っているウランの埋蔵量は天然ガス・石炭の10分の1以下、過疎地にしか建てられないので送電ロスが大きい。 原発は希少なウラン資源を大量に消費し(原発1基が1日に消費するウランは広島原爆の約4発分)、死の灰を大量に排出する不合理なプルトニウム製造装置です。(2015.2)

【E=MC^2 は核反応の式ではありません】
これは、物質がエネルギーに変換されるということを示している式ではありません。 (「物質がエネルギーに変換される」という日本語自体がおかしい。) この式が意味しているのは、平たく言うと、エネルギー(E)には重さ(M=E/C^2)があるということです。 すべてのエネルギーについて言えます。 例えば、ゴルフボールの詰まった箱でも同じです。 ゴルフボールが静止しているときより、箱の中で動いているときの方が(極僅かですが)運動エネルギーの分だけ全重量は重たいのです。 たまに、原発は E=MC^2 を利用しているからエネルギー効率がいいと言っている「学者」を見かけます(工学系に多い)が、間違いです。(2015.1)

【原発は需要に応じて出力を調整できない、融通の利かない電源です】
これを官僚言葉で言い換えると「原発は昼夜を問わず一定の出力を安定供給できるベースロード電源です」となります。 原発は、電力消費の少ない夜間でも出力を下げることが出来ません。 電気を捨てるよりはマシということでつくられたのが揚水発電ですが、日本中の全ての原発が止まった現在、利用率はわずか3%になっています(経産省の発表)。 また、太陽光発電と最も相性の悪いのが原発です。 昼間晴天で十分な電力供給が予想される場合でも、原発だけは出力を下げることが出来ず、供給に需要が追いつかない(!?)というトンチンカンな事態が発生することになります。(2014.12)



Toshifumi Sakaguchi, Ph.D.
迷惑メール防止のため、フリーメールはフィルタアウトされます。ご了承ください。

※ リンクは自由に張って頂いて結構です(私に連絡する必要はありません)。
※ 出典を明記すれば引用や転載も自由にやって頂いて結構です。
※ 出典を明記せず、自分の考えであるかのように文章を作成してWebや書籍に載せる行為はお控え下さい。
※ 2016年2月 http://homepage2.nifty.com/qm/ から引っ越しました。
※ 2005年7月 http://www.threeweb.ad.jp/~qm/ から引っ越しました。
※ 1996年に(正確にはその前のベッコアメのころ)開設しました。

© 1996-2017 Toshifumi Sakaguchi