コペンハーゲン解釈の弊害

ある分野で影響力のある人物がその分野で優れているというわけではない、というのは物理の世界でも同じで、ボーアもその一人でした。(ネットでは、ボーアの考えが深遠な哲学であるかのような勘違いをしている哲学オタクの投稿を見かけることがありますが。)ボーアは物理的な世界を古典力学で記述される領域と量子力学で記述される領域に分け(境界は不明)、古典力学で説明できない部分をブラックボックス化し、それを得意の哲学(?)で正当化しました。その結果、量子力学的な世界を描写することが否定され、古典力学で説明できないものは、単にそのようなものとして受け入れるように強要されるようになりました。これでは自然に対する理解は深まりません。そもそも古典力学は量子力学の近似であって、古典力学で記述される領域と量子力学で記述される領域があるわけではありません。多くの凡人と同じように、ボーアも「ミクロな領域は量子力学で記述され、マクロな領域は古典力学で記述される」と単純に考えていたようです(あなたもそうでしたか?)。これが間違いであることを最初に指摘したのはシュレーディンガーでした。

ボーアは「ベータ崩壊のようなミクロな領域ではエネルギーは保存されないのかもしれない」と発言したことがありました。(パウリはニュートリノを仮定すればエネルギーが保存されることを示し、ずっと後にそのニュートリノも実験で発見され、ミクロな領域でもエネルギーが保存されていることが確認されました。)また、古典力学に量子条件を付加しただけの、木に竹を接いだような理論(?)を作ったときも、量子の世界とはそのようなものとして受け入れ、その背後に何があるのか探ろうとはしませんでした。(後にド・ブロイが物質波のアイディアを展開し、量子条件の背後に粒子と波の二重性があることを発見しました。)量子力学が確立される前ならボーアのような人物が出てきたのも仕方がなかったと言えるかも知れませんが、ボーアの「教え」はコペンハーゲン解釈と呼ばれるようになり、今日に至るまでいろんな影響(弊害)を及ぼすようになりました。

量子現象をブラックボックスとして扱っても確率の計算はできますが、それだけではその現象を理解したことにはなりません。(物理学者の仕事は自然のしくみを解明することであって、工学的な応用だけを考えるのなら工学者に任せておけばいいわけです。)量子力学的な実験が不可思議な現象のオンパレードにみえるのは、肝心なところをブラックボックスとしてみているからです(素人さん向けに、不思議さを強調するために、わざとそのようにしているのかも知れませんが)。永久に種が明かされないマジックのようなものです。一歩踏み込んで量子力学的な描写に基づいて全体を再考すれば当たり前なことばかりです。

量子力学的な現象はもちろん古典力学では説明できませんが、それによって我々の知性がなんらかの制約を受けるわけではありません。我々が古典力学的な存在だからといって、何でもかんでも古典力学に焼き直して考えないといけないということはありません。むしろ、(哲学者が嫌がる)数学を駆使して量子力学的な新しい考え方を習得することによって、日常的には知り得ない未知の世界を明らかにしていくことが出来ます。

ポパーのような哲学者や一部の老害学者が荒唐無稽な多世界解釈批判(世界が2つに分岐するとエネルギーが2倍になるとか、世界が分裂するとか)に走るようになったのも、コペンハーゲン解釈の弊害と言えるかもしれません。彼らに共通するのは、量子力学的な描写が皆無若しくは貧弱(早い話が量子力学を理解出来ていない)で、日常的な経験によって獲得された古典力学的な世界観の中で想像を膨らませていることです。

量子力学を正しく理解すればわかりますが、多世界解釈の考え方は極めて保守的です。量子力学に忠実に従えば自然に多世界解釈になります。

ボルンの確率解釈とコペンハーゲン解釈を区別しないで論じられることもありますが、正確に言うと別物です。ボルンの確率解釈は正しい(実験結果と矛盾しない)科学の理論ですが、コペンハーゲン解釈というのは曖昧で、公にされた明確な定義はありません。ボーアが今日の量子力学の定式化を行ったわけではありませんので注意してください。強いて言えばボーアが唱えた「教義」のようなもので、コペンハーゲンスクールの「伝道師」等によって広められていきました。

タイトルページ

© 2018-2020 Toshifumi Sakaguchi