多世界解釈とパラレルワールドの違い

正確に言うと、量子力学における多世界解釈とSFに出てくる(あるいは多くの人が思い浮かべる)パラレルワールドの違いという意味ですが、「SFに出てくるパラレルワールドでは別の世界と行き来することができるが、多世界解釈ではそれができない、これが大きな違いである」というのは概念上の違いを正しく言い表していません。これは、「古典力学では位置と運動量を同時に観測できるが、量子力学では不確定性原理があるのでそれができない、これが大きな違いである」と言っているようなものです(あなたもそう思っていましたか?)。

量子力学では位置と運動量が同時に確定した状態というのがそもそも「意味をなさない」ように、多世界解釈では別の世界と行き来するということが不可能というより「意味をなさない」のです。SFに出てくるパラレルワールドのように複数の客観的な世界が並行してあらかじめ存在しており、それぞれの世界にあなたがいて、そこから別の世界に入って行くというイメージは多世界解釈では成立しません。

机の前に座っているあなたは1人しかいませんが、机の状態は原子分子レベルでは無数の状態の重ね合わせになっています。シュレーディンガーの猫でいうと、あなたが観測するまではあなたの世界(あなたが属している世界)は1つですが、猫の世界はあなたが観測するしないにかかわらず無数に存在しています。そして、それぞれの世界にいる各猫は別の世界にいる猫の存在を感知できません。(これは状態ベクトルの時間発展の線形性に起因するのであって、所謂デコヒーレンスとは無関係です。)装置が機能している限り猫の世界は分岐し続けますが、あなたの世界はあなたが観測するまで1つのままです。また、あなたが観測するとき、あなたの世界が分岐するのであって、無数にある猫の世界のどれかにあなたが入って行くわけではありません。

私がアンドロメダ星雲にいるとしたら、存命中にあなたと私が互いに影響を及ぼし合うということは(相対論的に)あり得ませんので、あなたの世界の数と私の世界の数が一致するということは(偶然を除いて)あり得ません。つまり「観測者とは無関係に」神様の立場で俯瞰したような「世界」というのは意味が無いのです。宇宙の波動関数が観測のたびに分岐し、それぞれが別の世界を表しているという考えが一時期流行ったことがありますが、間違いです。このことが正しく理解されず、多くの誤解(デコヒーレンスと絡めた議論)が生まれました。現在でも間違った通俗解説書が多く出回っています(というか、この分野でまともな通俗解説書というのを見たことがない。日本語版のWikiなどはその最たるもの)。

※ 余談ですが、私はSFは嫌いではないです。パラレルワールドではありませんが、時間旅行が絡むSF(映画)では「猿の惑星(初代の『猿の惑星』シリーズ)」や「12モンキーズ」のように、つじつまの合う歴史になっている物語が好きです。猿の惑星については、過去の地球に戻ったジーラとコーネリアスは射殺されますが、シリーズ最後で遠い未来に再び現れ、テイラーと対面するシーン(シリーズ第1弾にあったシーン)で終わるようにすればエンドレスに繋がって面白かったのにと思います(実際の映画はそのような作りにはなっていない)。

タイトルページ

© 2015-2017 Toshifumi Sakaguchi