波束の収縮

もう100年近くも前のことである。ある小さな町に二つの壺を持った予言者が現れた。

『ひとつの壺には何も入っていませんが、もうひとつの壺には金を入れておきました。どちらでも好きな方を一つだけお取りください。私はあなた方がどちらの壺を取るかを知っています。そして、あなた方が取る方の壺には金は入っておりません。また、あなた方の中には壺を二つとも取ってしまう方々もおられることを私は知っています。そのような方々のために、私はどちらの壺にも金を入れておりません。私の言っていることはどちらとも正しい。そのことが後にわかるでしょう。』

見物人の一人が片方の壺を取った。予言者が言ったようにその壺には金は入っていなかった。念の為もうひとつの壺を見せてもらったが、確かにその壺には金が入っていた。

翌日、またこの予言者が現れ、同じことを言った。今度は、見物人の一人が両方の壺をとった。そして、予言者が言ったように壺には二つとも金は入っていなかった。その次の日も、またその次の日も、この予言者は同じ場所に同じ時刻に現れた。そして、誰一人として金を手にしたものはいなかった。この予言者の話は町中に広がった。

それからしばらくして、この現象を説明しようといろんな理論が出された。しかしほとんどの理論が矛盾を含むことになり、自滅していった。そして、最後まで生き残った理論というのは、『この理論で説明することは出来ないが、この理論に矛盾する現象は決して現れない』というものだった。これで、この町の住民のほとんどが納得した。

が、一人だけ納得しない老人がいた。彼は、『この理論は不完全だ』という言葉を残して1955年にこの世を去った。

それからわずか二年後、突然『完全な理論が完成した!』と言う青年が現れた。この理論は確かに完全に予言者のカラクリを説明出来るものだった。しかし、この理論を理解出来る者はいなかった。いや、正確にいうと、この理論を理解出来る者はいたが、それを受け入れることの出来るものがいなかった。この理論は、理論としては正しいが、そこから帰結される内容は、耐え難い程の世界観の変更を強いるものだった。町の住民は、この理論を嫌った。青年はこの町を去った。

それから数十年後、この町にまたあの予言者が現れた。しかし、もうあの青年の姿はなかった。そして、永遠に解かれることのない謎がひとつ残った。

タイトルページ

© 1996-2017 Toshifumi Sakaguchi