多世界解釈は仮説か?

ネットを見ると、未だに多世界解釈における多世界(複数の世界が存在すること)が仮説だとかいっているおかしな記述が後を絶たないようなので、念のために説明しておきます。多世界解釈に限らず、素人の方が物理を知らないこと自体は全く問題ありませんが、そのような人が間違った解説を書いてウソを広めるのは問題です。

アインシュタインの一般相対論からの帰結としてブラックホールが出てきますが、ブラックホールの内部がどうなっているかを実験的に検証する手段はありません。(ブラックホールの外に居る人が中に居る人から情報を受け取ることは出来ません。)だからといってブラックホールの中は存在しないとか、仮説にすぎないとかいうことにはなりません。ましてや、一般相対論がブラックホールの内部の存在の仮説の上に成り立っているなどという人は(たぶんいないと思いますが)単なる無知です。

多世界解釈についてもこれと同じことがいえます。多世界解釈というのは確率解釈とは異なるもう一つ別の量子力学の定式化であって、そこからの帰結として複数の世界(多世界)が出てきますが、それを実験的に検証する手段はありません。(別の世界に居る自分から情報を受け取ることは出来ません。)だからといって別の世界が存在しないとか、仮説にすぎないとかいうことにはなりません。ましてや、多世界解釈が別の(多くの)世界の存在の仮説の上に成り立っているなどという人は単なる無知(多世界解釈を全く理解していない人)です。(専門家の中にもそのような勘違いをしている人がいるのは困ったものですが。)

また、ブラックホールの中から外へ情報を伝えることが出来ないということを一般相対論の中で証明できるのと同様に、多世界解釈において、自分の属する世界から別の世界へ情報を伝えることが出来ないということを多世界解釈の定式化の中で証明できます。多世界解釈において仮定されているのではなく、帰結の一つなのです。(逆に言うと、もし自分の属する世界から別の世界へ情報を伝えることが出来たら多世界解釈は間違いということになります。)

タイトルページ

© 2016-2017 Toshifumi Sakaguchi