論文審査の現状

随分と久しぶりになるが、JPSJ に論文を投稿した(2014/8/19)。もちろん多世界解釈関連。2ヶ月近く経ってレフェリーからのレポートが届いた(10/8)。本論にはほとんど触れず、論文の一部で使っているボルン規則の導出部分がWada氏の2007年の論文[2]と本質的に同じなのに引用していないとのコメント。いやいや、それは1995年の論文[1]と同じでこちらが先だと反論。(本質的に同じと言いながら、Wada氏の論文に[1]の引用はない。)このレフェリーは誰か分からないが(Wada氏本人?)、何故かWada氏の論文をアピールすることにしか関心がなかったようなので編集者にレフェリーの変更を要求した(JPSJでは反論を添えて1回だけレフェリーの変更を要求できる)。

それからまた2ヶ月くらい経って2番目のレフェリーからのレポートが届いた(12/16)。このレフェリーは1番目のレフェリーのコメントに対する反論には一切触れず(編集者は反論を見せていない?)、1番目のレフェリーと同様のコメントを出していた。恐らく論文は読んでおらず、1番目のレフェリーレポートだけを読んでコメントしたものと思われる。2ヶ月も待たされたが、こんなレポートなら10分で書ける。これが掲載可否の判断材料になるとは思えないが、編集者の独断で反論の機会も与えられず、掲載不可とされた。

[1] T.Sakaguchi, arXiv:quant-ph/9506042 (1995)
[2] S.Wada, J.Phys.Soc.Jpn, Vol.76,094004 (2007), (arXiv:0707.1623, 2007)

これがこの分野における論文審査の現状であるが、昔から変わっていない。この分野で査読付きジャーナルに載っている論文というのは何かワケがあるのではないかという気がする(投稿者とレフェリーが近い関係にあったとか)。こんなアンフェアな論文審査で論文の質が保証されるわけがない。

タイトルページ

© 2014-2017 Toshifumi Sakaguchi